【ブログの書き方講座】

記事テンプレートを使ってブログを簡単に書く方法

心が折れそうな人
心が折れそうな人
ブログ書いてるうちに内容がぐちゃぐちゃになる、、、、どうしよう、、、

てん。
てん。
その悩み解決しましょう!

 

ブログ書くの難しいですよね。伝えたいことはハッキリしてるのに、書いてるうちに訳わかんない記事が出来上がったなんて経験、誰にでもあると思います。

でも安心してください!

記事テンプレートを用意すれば、初心者でも簡単にブログを書けるようになれます。

こちらが記事テンプレートです。

今回はこの記事テンプレートを使ったブログの書き方を紹介します!

・記事テンプレートの作り方

・リード文と本文の書き方

記事テンプレートの作り方

この記事テンプレートの作り方ですが、タイトルと見出しを埋めれば完成です!

この2つが決まれば本文を書くだけです。

てん。
てん。
先に目次を作るイメージでOK!

さて、タイトルと見出しを埋めるために、まずは想定読者を設定しなくてはいけません。

想定読者を設定する

まずはこの記事を読んで欲しい人はだれか考えましょう!

だれに向けて書かれたか分からない記事は読んでもらえないからです。

この記事の想定読者は、

心が折れそうな人
心が折れそうな人
ブログ書いてるうちに内容がぐちゃぐちゃになる、、、どうしよう、、、

です。

てん。
てん。
ヒントはどんな悩みを抱えている人がいるか考えること!

過去の自分に向けてでもOKです。

まずは想定読者を決めましょう!

読者のメリットを設定する

想定読者が記事を読んで得られることを設定しましょう!

読者にメリットがなければ記事を読んでもらえません。

この記事の場合はこれです。

・記事テンプレートの作り方

・リード文と本文の書き方

読者はただ何となく記事を読んではくれません。なにか悩みを抱えています。

読者に伝えたいこと=読者のメリットとなるようにしましょう。

記事のタイトルを決める

タイトルは記事の内容が分かる30文字前後でつけましょう。

想定読者が思わず読みたくなるタイトルをつけることが肝心です。

H2見出しを決める

本文の内容が一目でわかる文章で書きましょう。

理由⇒根拠⇒具体例で書くと綺麗にまとまります。

 

これでテンプレートは完成です!

次はリード文と本文を書きましょう。

リード文と本文の書き方

記事タイトルと見出しが完成したら、それに沿って中身を書くだけです。

ここで一度リード文と本文の役割を確認しておきましょう。

・リード文の役割

⇒読者を記事の内容に導くための文章

・本文の役割

⇒読者に記事の内容を説明するための文章

それでは書き方を説明していきますね。

 

リード文の書き方

リード文では必ずこの2つの要素を書きましょう。

・どんな人に読んで欲しいのか【想定読者】

・読むとどんなことが分かるのか【読者のメリット】

 

なぜなら読者はリード文を読んでこの記事を読むか判断するからです。

例えばこの記事のリード文が、

ブログって書くの難しいですよね!

ぼくはブログを始めて1ヶ月経つのですが、1記事5時間掛かります。

みなさんはどれくらいかかるのでしょうか?

ここでぼくの記事の書き方を紹介しますね。

という文章だったらあなたはここまで読んでくれましたか?

これだと想定読者はぼんやりしていますね。ブログ初心者向け?とは思われるかもしれません。しかし、メリットに関しては何もわかりませんね。

これではやはり読者は読んでくれません。

なので想定読者得られるメリットは先に提示しましょう。

本文の書き方

見出しの内容からずれないよう、読者に分かりやすく書きましょう。

ここで1つ読者に伝わりやすい文章テクニックを紹介しますと、PREPというものがあります。

PREP法とは
  1. P=Point (結論)
  2. R=Reason (理由)
  3. E=Example (具体例)
  4. P=Point (もう一度結論)

の順番で文章を書く有名なプレゼン技法。

上記の頭文字をとってPREPです。PREP法はセールスライティングにも必要になってくるので、早めに勉強しておくといいですよ。

こちらにおすすめの書籍を載せておきますね。

てん。
てん。
ちなみに先程の「リード文の書き方」PREP法を使って書いてますよ。

記事の内容まとめの書き方

まとめでは以下の三つを書きましょう。

  1. 記事の要約
  2. 結論の再主張
  3. 読者が取るべき行動

まとめまで読んでくれた読者はあなたの意見におおむね賛成してくれるはずです。

最後に取るべき行動を示してあげるか、関連コンテンツに誘導するのもいいと思います。

まとめ

ブログを書く際は記事テンプレートを活用しましょう!

もう一度ステップを確認しますね。

ブログを書くための6ステップ
  1. 想定読者を決める。
  2. 読者が得られることを決める。
  3. タイトルを決める。
  4. 見出しを決める。
  5. リード文・本文を書く。
  6. 記事の内容をまとめる。

このステップに沿えば基本的なブログの書き方は完璧です!

記事を書くのに慣れてきたらライティングの勉強もしてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!
ブログの勉強【基本編】

【PC】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外設定したのにカウントされるときの対処法

2020年10月21日
ぼくたちのセミリタイア
どうも、てん。です。 今回はグーグルアナリティクスで自分のPCからのアクセスを完全に除外する方法を解説します。 かく言うぼくも、 …