SEO対策

【初心者向け】ブログのキーワード選定方法

心が折れそうな人
心が折れそうな人
SEOのためにキーワード選定が大切なのは知っているけど、いまいちやり方がわからないよー、、、どうやってキーワード選べばいいのー、、
てん。
てん。
大丈夫!ブログのキーワードの選び方を教えるよ。

 

検索上位に浮上するためのSEO対策として、キーワード選定はとても大切です。

まずはじめにキーワード選定のコツを説明しますと

・そのキーワードの検索ボリュームはどれくらいか?

・同じキーワードを狙っている競合はどのくらいか?

この2つを把握することがポイントです!

てん。
てん。
この2つは無料のキーワードツールを使って、初心者でも簡単に探すことができるので安心してくださいね。

それでは解説していきます!

・キーワード選定が大切な理由

・キーワード候補の探し方

・検索ボリュームのあるキーワードの探し方

・競合の少ないキーワードの探し方

キーワード選定が大切な理由

先ほど紹介しました、

・キーワードの検索ボリュームはどれくらいか?

・同じキーワードを狙っている競合はどのくらいか?

この2つのポイントがなぜ大切かというと、

そもそも設定したキーワードが誰も検索していないキーワードだったら意味がありませんよね?

また、検索ボリュームが高くてもそのキーワードで検索上位を狙っているライバルが多かったら検索上位を狙うことはむずかしいですよね?

つまり、ある程度の検索ボリュームがあり、かつ競合が少ないキーワードを選定することが、検索上位に表示されるための戦略です。

てん。
てん。
調べる人がそこそこいて、ライバルが少ないキーワードを探そう!という話だよ。

それではまず、キーワードの候補を探しましょう!

 

キーワード候補の探し方

キーワード候補の探し方は3ステップです。

  1. 想定読者を決める。
  2. 想定読者がどんなキーワードで調べるか考える。
  3. 「ラッコキーワード(関連キーワードチェックツール)」を使って関連キーワードを見つける。

それでは、まず「想定読者」を決めましょう。

たとえばこの記事ですと「ブログのキーワード選定方法を知りたい人」です。

次に想定読者が「どのキーワードで検索するか」考えます。

ぼくの場合「ブログ キーワード」で検索するのではないかと考えました。

てん。
てん。
想定読者がどんな悩みを解決したいかを考えるのがポイントだよ。

ここまで出来たらキーワード候補探しは50%完了です!

 

あとは関連キーワードチェックツールの「ラッコキーワード」を使いましょう。

ラッコキーワード」を開くとこのような画面が出てきます。

検索欄に先ほど考えた「想定読者が検索するキーワード」を入れてください。

例として「ブログ キーワード」を入力します。

すると検索結果が出てきますので、右上の「全キーワードコピー(重複消去)」をクリックしてください。

これでキーワード候補探しは完了です。

 

ラッコキーワード」でキーワード候補を取得したら「キーワードプランナー」を使って検索ボリュームと競合を調べましょう!

キーワードプランナー」を開きます。

この画面が出てきたら右の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択しましょう。

入力欄がありますので、先ほど「ラッコキーワード」でコピーしたキーワードを張り付け「開始する」を選択してください。

検索結果が出てきましたら「過去の指標」をクリックしてください。

するとキーワードの一覧が出てくるので、「月間平均検索ボリューム」をクリックして並べ替えをしてください。

これで「キーワード候補」を「月間平均検索ボリューム」順にならべることができました。

復習になりますが、

キーワード選定のコツ

・検索ボリュームがある程度ある

・競合が少ない

ですので、今回狙うキーワードは

  1. 「ブログ キーワード」
  2. 「ブログ キーワード 選定」
  3. 「ブログ キーワード 選び方」

となります!

てん。
てん。
検索ボリューム10~100を狙うのもあり!その場合は100以上のキーワードをメインにして、記事内に散りばめるイメージです。記事内容と関係ないキーワードを選ぶのはNG!

 

ちなみにキーワードに向かない例を挙げますと、

「ブログで稼ぐ方法」は検索ボリュームは1000~1万と高いですが、競合も高いので検索上位を取ることは難しいでしょう。

「ブログ キーワード 見つけ方」は検索ボリュームがないので集客につながりません。

てん。
てん。
「ブログ キーワード 見つけ方」で探す人結構いそうなのに意外な結果ですねー。思い込みでキーワードを決めるのでなく、実際にデータをみて決めた方がよさそうですね。

まとめ

今回は「ラッコキーワード」と「キーワードプランナー」を使ってキーワード選定をする方法を解説しました!

まとめですが、狙うべきキーワードは

・検索ボリュームがある程度あるキーワード(月間100以上)

・競合が少ないキーワード(競合:低)

の2つです。

キーワード選定がおわったら内部SEO対策をしっかり行っていきましょう!

 

こちらの記事もおすすめ!